株式会社BrainForce

メニュー

MEO対策とは?分かりやすく簡単に解説!

飲食店や美容室、病院など店舗を持つローカルビジネスにとって、Googleマップ上で自社(店舗)がどのように表示されているかは非常に重要です。

これを今読んでいる貴方も恐らく一度は「業種名+地名」で検索したことがあるのではないでしょうか。

「業種名+地名」のようなキーワードで検索しているユーザーは「今このサービス/商品を買いたい!」と考えている方が多く、購買意欲が高い傾向にあり、売上に繋がりやすいです。

したがって、飲食店や美容室、病院など店舗を持つローカルビジネスを経営されている方のWeb集客は、まずこの検索結果の上位に表示させることを第一に考えた方が良いでしょう。

本記事では、MEO対策と呼ばれる「業種名+地名」などで検索された時、検索結果に最寄りのサービスとして地図上に表示させる施策について詳しく解説していきます。

MEO対策(Map Engine Optimization)とは

MEO対策とは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略で、Googleマップを対象とした地図エンジンにおいて最適化を図る施策のことです。

分かりやすく簡単に言うと、検索されたときにGoogleマップで自分のお店を上位に表示させる施策です。

「業種名」や「業種名+地名」などで検索された時に、最寄りのお勧めのサービスとして地図上に表示させる施策と考えていただいて問題ありません。

例えば下の画像のように「業種名+地名」などで検索された時、検索結果に最寄りでかつお勧めのサービスとして地図上に表示されます。

ローカル検索結果にはGoogleマップと店舗情報が3つ表示され、残りは下部の「さらに表示」をクリックすると表示されます。

3枠に店舗の情報を表示できれば店舗が人の目に触れる機会が多くなり、住所や電話番号、営業時間といった概要情報や口コミなども併せて表示されるため、集客を有利に進められます。

ちなみに、自分の位置情報によって検索結果は変わります。理由は検索者に最適な結果を表示させるためです。

そのため、MEO対策を行うには「どこから検索されたか」というのも非常に重要になってきます。

例えば自分のお店からスマホで自分で自分のお店を検索して上位に来ているので安心していたら、実は最寄駅からは上位表示されていなかったといったケースも起こりえます。

したがって、MEO対策を行う場合は、「検索される場所を指定でき、自分が何位なのか分かる順位チェックツール」があると非常に便利です。

MEO対策とSEO対策の違い

SEO対策という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

もしかしたら業者から電話で営業された事がある方も多いかもしれません。

SEO対策とはSearch Engine Optimization(サーチエンジン最適化)の略で、簡単に言うとGoogleなどの検索エンジンの上位に自分のホームページやWebサイトが表示されるように工夫することです。

MEOとSEO、どちらも似たような言葉で紛らわしいのですが、その違いも簡単にご説明したいと思います。

表示される箇所の違い

どちらも検索エンジンで検索された際にユーザーに見つかりやすくする施策ですが、MEOとSEOの最大の違いは表示される個所になります。

下の図がそれぞれの表示される個所になります。

このようにMEOはSEOよりも上に表示されるので、単純に人の目に触れやすいです。

赤枠の個所はリスティング広告枠と言われる個所でお金を支払うと表示させることのできる枠です。
(リスティング広告の料金は競合とのオークション形式で決定され、1クリック数十円~数千円と業界によって相場は様々です。)

対策の難易度

基本的に対策の難しさは、対策をしているライバルの多さに比例します。

SEO対策は現在当たり前となっており、どんな業界でも検索結果の1ページ目にいるサイトはほぼ全てSEO対策を行っている時代です。

ですが、MEOに陽が当たりだしたのは1~2年前からの話であり、まだまだ参入していない店舗が多いです。(コロナウイルスによる影響でMEO対策に注目している企業が、今非常に増えています。)

SEOもMEOも正解はありませんが、対策できる項目数や難しさで比較すると、圧倒的にSEOの方が難しいと言えるでしょう。

対策に必要な手間

SEOは今ご覧いただいているような記事(コンテンツ)を大量に用意する必要があり、自分で作る場合は自分の時間を、外注して作らせる場合は自分のお金を投資する必要があります。

MEO対策は主にGoogleマイビジネスに掲載する情報を充実させ、最新の情報をアップしたりユーザーへの口コミへ返答したりすることが大事になってくるのですが、SEOと比べるとそこまで手間はかかりません。

SEOもMEOももちろんこれだけが施策ではないのですが、現状はSEO対策よりMEO対策の方が簡単にでき、かつ効果が高いです。

施策に必要な料金

基本的に自分で行うなら時間はかかりますがどちらも料金は発生しません。

業者に依頼する場合、業者によって異なりますが、MEOは月額数万円で施策に取り組めることが多いです。

SEOの場合、基本的には数十万円単位で費用がかかる傾向にあります。
(※記事製作費は含まれておりません。)

店舗を持っているビジネスであれば、ほぼ100%MEOの方がコストパフォーマンスが良いでしょう。

ローカル検索について

ローカル検索とは場所に関連する検索がおこなわれた際に、検索者の現在いる場所などを加味して適した情報を表示させる検索エンジンの仕組みのことをいいます。

たとえば「美容院」というキーワードのみで検索してみてください。現在自分がいる場所から近くてお勧めの美容院が表示されたのではないでしょうか。

このようにローカル検索は自分が今いる場所によって検索結果が変わってきます

検索する場所によって検索結果が異なる理由は、Googleがユーザーの利便性向上を考えた結果です。
(例えば横浜にいる人が「美容院」で検索し、検索上位に大阪の有名サロンの情報を並べられてもあまり意味がありません。)

かといって、いちいち「横浜 美容院」と入力しないと横浜の美容院が表示されないのでは、ユーザーにとって利便性が低いためです。

ローカル検索結果にはGoogleマップと店舗情報が3つ表示されますが、ローカル検索の場合は検索者が「今から行く場所を吟味する」というタイミングである場合が多く、ほかの店舗と比較される為、3位内に入っていなくても通常(SEO)の検索結果と比べて人の目に触れられやすいです。

「さらに表示」を押されやすい

反対に、SEOの場合(場所に関連する検索ではない場合)は検索結果の1ページ目に自分のWebサイトが表示されていないと殆どアクセスはありません。

MEOの概要まとめ

MEOは対策とは、自分のお店を検索結果上部のマップに表示させる施策です。

まだSEOと比較して難易度も低く、店舗を持っているビジネスなら集客効果も高い今注目されているWebマーケティング手法です。

Comment

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE